児童手当金 はいくらもらえるの?どうやってもらうの?

妊娠&出産 ステップサポート 赤ちゃんと一緒に準備をしよう
        sponsored link
HOME妊娠・出産の手続き・お金関連児童手当金
児童手当金
・ 受給条件   … 小学校卒業前の子供を養育している人
              かつ 日本に住民票がある ※所得制限あり
・ 申請先     … 市区町村の役所
・ 申請期限   … 出産後できるだけ早く
・ 必要な物   … @印鑑 A請求者名義の銀行通帳 B健康保険証のコピー
            C所得証明書(児童手当用) ※請求する年の1月2日以降転居した場合

小学校卒業前の子供を養育している家庭の育児費を支援する制度です。
児童手当の給付条件には所得制限があり、請求する人が扶養している家族の人数と加入している年金の種類で所得の制限が変わります。
ちなみに請求者は家族の中で年間の収入の多い人、通常だとパパとママの収入の多いほうが請求者となります。

以下記述は、平成19年の時点でまとめているものです。
所得制限や条件など変更が発生することがあるので必ず出産前に住んでいる市区町村の役場に行き、所得制限や申請に必要なものを調べましょう。

≪児童手当金の年度と所得≫
一般の年度(4月から翌年3月)と児童手当金の年度はは異なり、児童手当金の年度は6月から翌年の5月までです。 所得の年度は1月から12月までなので、ややこしいで注意しましょう。

申請をした時が6月から12月の場合は、前年(1月〜12月)の所得額を見ます。
申請をした時が1月から5月の場合は、前々年(1月〜12月)の所得額を見ます。

 (例1) 平成19年6月1日に申請の場合 → 平成18年(1月〜12月)の所得額を見る
 (例2) 平成20年5月31日に申請の場合 → 平成18年(1月〜12月)の所得額を見る

受給は翌月から始まります。 申請前の分をさかのぼるって受給することはできないので、出産後できるだけ早く手続きをしましょう。


≪所得額の計算方法≫
上記の所得年度に注意し、所得を計算します。


≪扶養人数と所得制限≫
所得制限は請求者が扶養している家族の人数、加入している年金によっても異なります。
扶養人数は所得を見る年(上記に記述)の12月31日現在の扶養人数になります。

 (例)平成19年6月から平成20年5月に申請の場合
     → 平成18年(1月〜12月)の所得額を見る
     → 平成18年12月31日時点の扶養人数




≪支給金額≫
 上記の条件を満たせば、3歳未満は一律10,000円、3歳〜小学校卒業前の第1子・第2子は5,000円、第3子以降は10,000円支給されます。  基本的には毎年2月、6月、10月にそれぞれの前月分までが支給されます。


≪注意&こんな場合でもOK≫
・ 受給は翌月から始まり、申請前の分をさかのぼるって受給することはできません。出産後できるだけ
  早く手続きをする必要があります。
・ 出産前後に引越しなどし市区町村がかわった場合は、前に住んでいた市区町村で課税証明書
  (所得証明書)を取り寄せなくてはいけない場合がありますので注意してください。
・ 課税証明書(所得証明書)は市区町村によって「児童手当用」の課税証明書(所得証明書)
  があるところもあります。



カテゴリ内容
妊娠・出産の手続き・お金関連
≪申請関連≫ ≪お金関連≫ ≪その他≫ ※上記の項目は代表的なものを上げており、一般的な申請方法を記載しています。
 詳細は必ず申請先、提出先に確認をしてください。

        sponsored link

        sponsored link

ネットで簡単にお小遣いを稼げちゃったら!?随分、楽になると思いませんか?
妊娠中のママにかなりオススメの方法があります。

レポートにまとめておりますので是非、ご確認ください。
<初めてのネットビジネス!月収5万円計画>というレポートです。
今だけ【完全無料】で"特別レポート"プレゼント中です。

--------------------------------------
セキュリティの問題でストレージにアップしていますので、 下記のリンクにアクセスして頂いて、ページの真ん中にあるpa13844426375962.zip というファイルをクリックしてダウンロードして下さい。

こちらのリンクからダウンロードください♪
-------------------------------------
※結果の出やすいある方法で賢く5万円から稼いでみませんか?








※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありませんので何卒ご了承下さい。
※このページの著作権は管理者に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。